Ylftrjd8tkeasqclrp1x

小池アドバンス「成長期の血糖コントロールと亜鉛」

 

親が子どもに手を焼く時期から紐解く

~亜鉛と血糖コントロールの重要性~

この動画は、タイトルに「成長期」とありますが、どなたでも使える内容になっています。


多くの親が手を焼くのが、イヤイヤ期である魔の二歳児と不機嫌な思春期。

この機嫌の悪さはどこからくるのでしょう?

血液検査でおなじみのある項目から紐解いていきます。




栄養カウンセラーさんやママさん必見の内容です。

難しい話しを分かりやすくてかわいいスライドで学ぶことができます。


 

成長期に気をつけたいこと

成長期というのは大人に比べて栄養の需要がものすごく多くなっています。

脳の発達にも大事な時期です。この時期にエネルギー不足で低血糖になった場合、大人に比べて脳への影響が大きく出やすいということが分かっています。極端な低血糖の場合だと神経発達、知的な発達にも影響が出るということが分かっています。




また、栄養補給すればするほど、身長が伸びてさらに栄養の需要が増え、結果的に自律神経の乱れが起こりやすい時期でもあります。




特に亜鉛の消費、鉄分の消費ものすごく多いので、自律神経の乱れダイレクトに出やすいです。

そういう時に普段の食事が一番大事になります。


具体的には、どういった症状のお子さんに気をつければよいのでしょうか。

お母さんでもわかるサインと栄養ケア・日常生活の工夫を交えてお話しします。

 

この動画で学べる内容

・成長期になぜ亜鉛が必要なのか

・亜鉛が足りないとなぜ血糖コントロールができないのか

・インスリンを働かせるためになぜ亜鉛が必要なのか

・子どもの自家中毒の原因

・発表会、遠足、遊園地のあとにぐったりする子どもの血糖値とは?

・成長期の低血糖が及ぼす影響

・血糖コントロールとALP

・二日酔いでなぜ低血糖になるのか

・夜中に目が覚める原因

・丑三つ時にお化けを見る原因

・夜間血糖を維持する工夫


など


続きは動画をご覧ください。

講師


小池雅美
小池雅美

小池雅美 医師
臨床分子栄養医学研究会特別認定指導医

東海大学医学部卒業。
日本東洋医学会専門医
日本医学放射線学会
放射線診断専門医
検診マンモグラフィ読影認定医
日本抗加齢医学会会員

栄養外来を行う傍らで、実践講座の主任講師を務め、漢方の豊富な知識と経験をいかして全国で公演活動を行っている。データから性格や食生活を正確無比に読みあてるライブ講座には特に熱烈なファンが多い。


カリキュラム


  小池アドバンス「成長期の血糖コントロールと亜鉛」
有効です
日 登録してから

よくあるご質問


講義のスタートはいつですか?
お申し込み後、すぐにご覧いただけます。これはあなたのペースに合わせてご覧いただける動画コースになっています。
視聴できる期間はどのくらいですか?
視聴期限はお申し込み後1年間です。1年間はお好きな時にお好きなデバイスで動画を視聴頂けます。
動画のダウンロードはできますか?
動画のダウンロードはできません。インターネット環境のある場所でご覧ください。
動画はスマホで見れますか?
動画はPC、スマートフォン、タブレットでご覧いただけます。 PCの推奨ブラウザはGoogleChrome・Microsoft Edgeとなります。Internet Explorerですと動画が再生されない場合があります。
銀行振込は可能ですか?
申し訳ございませんが、クレジットカード決済のみとなっております。 使用可能カードは、VISA、Master、AMEXです。JCBはご使用できません。

さあ、はじめましょう!