第2回PNTトレーナー認定講座

栄養療法のカウンセリングをアップグレードさせましょう

<満員御礼>募集は締め切りました


※臨床分子栄養医学研究会 PNTトレーナー認定講座(旧 統合栄養療法カウンセラー講座)

(PNT:Psychological Nutrition Therapy 心理技術+栄養療法)



分かりやすい説明で分子栄養学実践講座の大人気講師であるまごめじゅん先生の講座第2期を開催します。

カウンセラーとしてクライアントに向き合うために必要な心理的アプローチやメンタル面に重点をおいた内容になっております。

これからカウンセラーとして活動していきたい方はもちろん、すでにカウンセリング業を行っているがステップアップしていきたい方必見です。

*この講座では検査結果の解釈方法や食事アドバイス等の分子栄養学の理論的な項目は含まれません。
 ですが基礎知識として分子栄養学的な知識は必須です。

 

このような方におすすめの講座です

  • 栄養療法の効果が頭打ちになっている方
  • 栄養療法の効果をより効率よく得たい方
  • 自分自身の生きるテーマに向き合いたい方
  • 疲労感、エネルギーロスを作る脳の仕組みに興味がある方
  • 心理学的技術を習得して仕事に役立てたい方
  • カウンセラーとして仕事をしたいと思っている方
  • カウンセリングの手法の幅を広げたい方
  • クライアントとのコミュニケーションを円滑にしたい方
  • クライアントの治ろうとする力をアシストしたい方

※PNTトレーナーを名乗ってお仕事に活用するには、修了後のレポート提出が必要です。

 

セミナー日程・会場

セミナー日程: 全5回(+補講1回)

2021年
8月28日(土)10:30-18:00
病気・症状をつくる脳の使い方に迫る「思考パターン、意識レベル、その他」

9月11日(土)10:30-18:00
クライアントと信頼関係を構築する「傾聴、前提への関与、投影、その他」

9月25日(土)10:30-18:00
過去を癒す技術、未来を作る質問力「質問の技法、サブモダリティチェンジ、その他」

10月9日(土)10:30-18:00
思考が現実化する仕組みに介入する「リフレーミング、意識の構造、その他」

10月23日(土)10:30-18:00
脳と身体の関係を理解しセルフイメージを構築する「セルフイメージ、生と死、セッションの実際、その他」

【補講】
11月6日(土)10:30-12:00 ZOOMのみ 
マネタイズ、マーケティング理論


参加できない回がある場合は、会員サイトにて録画したものをご覧ください。

なるべく早めにUPしますので、次の開催日までに録画を見ておいていただきます。

録画は復習にも役立ちますので何度でもご覧頂き、理解を深めてください。


  • 内容は変更となる可能性があります。
  • セミナー:会場またはZOOM(参加形態によって料金が変わります)
  • 講義部分は録画して会員サイトにUPしますので、復習のために何度でもご覧ください。
  • 講義中には参加者同士で実際にセッションをして頂きます。
  • 論理だけでなく実践もあわせることで、より一層知識を身に着けやすくなっています。
  • コロナ感染が拡大し自治体からの要請があった場合には会場での開催ができなくなる可能性があります。予めご了承ください。

認定PNTトレーナー

  • 終了後レポート提出により、認定証を発行します。(レポート提出は任意)
  • 認定PNTトレーナーは月1回の無料勉強会(ZOOM)参加資格
  • PNT講座の内容を仕事への利用可(認定PNTトレーナー以外は利用不可)

会場

会場版をお申込み頂いた方のみご来場頂けます。(ZOOM版は来場不可)

ビジョンルーム東京八重洲中央口

JR東京駅 八重洲中央口・北口 徒歩3分(地下街 21番出口 徒歩2分)
東京メトロ 銀座線・東西線「日本橋駅(B3出口)」 徒歩4分
 

講師からのメッセージ

栄養療法の優れた理論に魅せられ 、栄養療法の世界を発信してきました。

分子栄養学実践講座は、最新の栄養学を学ぶ楽しさと周辺業務に携わる喜びを与えてくれました。今もその想いは変わりません。

しかしながら、日々のカウンセリング業務では 栄養療法だけでは効果が出ない、栄養の効果が頭打ちになるという症例ばかり。
なぜ学んだ理論が通用しないのか? いったいどうすればよいのか?
頭を抱えることも多く、納得のいかない日々が続きました。

さまざまな方法論を模索し続けた結果、ひとつの答えにたどり着きます。
それは、クライアントの思考グセや生き方など心理的な背景にテコ入れをすることが治療の最速パスということです。

本当に望んだ成果を上げるには、 栄養による生理学的なアプローチに心理学的アプローチを組み合わせる必要があります。
その効果は多くのクライアントが証明してくれました。

栄養療法におけるカウンセラーとドクターのアプローチ法は明確に違います。
相互に補完しあうことで、栄養療法の治療効果を最大限高めることが可能になるでしょう。

心理技術と言っても専門的な知識や難しい技法ではなく、脳や思考を操る”言語・言葉”のテクニックがメインとなります。
学ぶ上で必要となる才能やスキルや特にありませんが、”自分自身と向き合う覚悟”は必要かもしれません。
心と身体の仕組みをより深く理解することで、あなた自身の人生を光り輝くものにしてください。


まごめじゅん

 

受講者の声




 

お申し込みはこちら

会場受講版・ZOOM版ともに定員に達しましたので募集を終了しました。

多くのお申し込みありがとうございます。

セミナーの特性上、追加募集はいたしません。ご了承ください。


クレジットカード決済・銀行振込・コンビニ支払いが可能です。

会場受講版の方が一部ZOOM受講いただくことは可能ですが、ZOOM受講でお申込み頂いた方が会場にいらっしゃることはできません。

講座の特性上、定員に達し次第募集を締め切ります。

*受講は、臨床分子栄養医学研究会の会員限定です。(第16期を受講中の方16期終了後にもご入会いただけるのでしたら申し込み可能です。)


第2回PNTトレーナー認定講座(会場受講版)

297,000円(税込)

<<満席のため募集終了しました>>

*定員20名(先着)


第2回PNTトレーナー認定講座(ZOOM版)

242,000円(税込)

<<満席のため募集終了しました>>

講義と受講者同士のセッションをZOOMで行います。

*定員20名(先着)


お客様都合でのお申し込み後の返金は致しかねます。

キャンセルポリシー

講師


まごめじゅん
まごめじゅん

1969年、熊本県生まれ

臨床分子栄養医学研究会 指導認定カウンセラー

株式会社ヴイエー代表取締役

ブログ「ビタミンアカデミー」主宰


栄養療法によってアトピー、花粉症、機能性低血糖症、摂取障害、貧血、疲労感を完治させました。
2016年、第7期より宮澤先生の分子栄養学実践講座に参加。
以降、分子栄養学指導認定カウンセラーとして良質の情報発信を心がけています。

身体の栄養状態は、健康状態と精神状態の両方に大きく影響しています。

例えば、うつ病になって人生に悩むと、心療内科に行く、セラピーへ通う、宗教にすがる、あたりは一般的ですが、「栄養状態を見直す」という選択肢があることを、みなさんにもっと知っていただきたい。

私自身が体調不良を栄養療法で克服したので、栄養でメンタルも身体も改善可能であることが、もっと日本に広く認知されるようになって欲しいと願っています。

趣味はヨガ、SUP、分子栄養学のお勉強
特技は英語、前職は外資SE


カリキュラム


  NEW!レポート提出について
有効です
日 登録してから
  動画のUPについて
有効です
日 登録してから

よくあるご質問


全ての回にリアルタイムで参加しなくてはなりませんか?
講義の様子は録画して会員サイトに配信しますので、後日ご覧いただくことは可能です。 但し、受講者同士の実技演習もありますのでなるべくリアルタイム参加することをお勧めします。 もし欠席された回は、録画したものをご覧になり次回の回までに見ておいてください。
講義は後から復習することはできますか?
講義部分は録画して会員サイトにUPします。 日程が合わず参加できなかった場合や、復習したい場合はそちらをご覧ください。 またUPは編集してから行いますので、録画日から2週間ほど時間を頂きます。
受講形態について
会場受講・ZOOM受講があり、料金も異なります。 会場受講でお申込みの方が予定が合わずZOOMで受講いただくのは構いませんが、ZOOM受講の方が会場に来ることはできません。
今回は日程が合いません。次回の開催予定はありますか?
開催の有無、時期ともに未定です。
分子栄養学の知識がありませんが受講可能ですか?
セミナー内容や受講者同士の共通言語となりますし、前提として分子栄養学的ケアの+αとしての位置づけですので分子栄養学の知識がある方の受講をお願いしています。 臨床分子栄養医学研究会の会員・第16期分子栄養学実践講座を受講されている方でしたら問題なくご参加いただけます。
心理学は全くの初心者です。ついていけますか?
心理学を学んだことのない場合も参加可能です。 都度復習をしながら学んでいけば問題ありません。
満席とのことですがどうしても今回受講したいです。
セミナーの特性上、現在募集の人数以上は受け入れられないため増席はいたしません。 大変申し訳ございませんが、次回の開催をお待ち頂けますようお願い申し上げます。

みなさまのお申し込みをお待ちしております。

ご不明点がありましたら、臨床分子栄養医学研究会事務局までお問い合わせください。

[email protected]